So-net無料ブログ作成

[能古島切断遺体]不明の32歳会社員と判明

 福岡市西区能古の能古島の海岸で15日に見つかった腹部だけの女性の遺体は、同市博多区堅粕5、会社員、諸賀礼子さん(32)のものであることが、福岡県警への取材で分かった。諸賀さんは今月6日から行方不明になっていた。県警は殺害後に、鋭利な刃物で遺体をバラバラにされたとみて調べている。 県警によると、諸賀さんは1人暮らし。同僚が6日朝、アパートを訪ねたところ、玄関は施錠され、連絡が取れなくなっていた。室内には財布が残されていた。 諸賀さんは足の付け根部分から切断され、胴体もへそ付近から上部がなかった。尻の上部と右側の2カ所にあざがあり、生前にできたものとみられる。司法解剖の結果、死後1週間から10日。海岸に漂流したとみられ、海面に浮いていた。県警は現場周辺で他の部位の捜索を進めている。 能古島は博多湾中央部に位置し周囲約12キロ、人口約800人。福岡市西区の渡船場から約10分と近く、夏場は海水浴客、秋はコスモスの見物客でにぎわう。【島田信幸、金秀蓮、近松仁太郎】

フェラーリ型のジェットコースター…中東アブダビに誕生

写真拡大フェラーリ型のジェットコースター…中東アブダビに誕生 写真一覧(2件) フェラーリが2010年後半に、中東アブダビにオープンする予定のテーマパーク、「フェラーリワールドアブダビ」。その目玉アトラクションのひとつ、フェラーリ型ジェットコースターの写真が15日、公開された。フェラーリワールドアブダビは、2009年のF1最終戦、アブダビGPの行われたヤスマリーナサーキットに隣接。フェラーリは、アブダビ国際空港から車で10分のヤス島に、総面積2万平方mという世界最大級の屋内型テーマパークを建設中だ。建物の中には、子どもから大人まで楽しめる20以上のアトラクションを用意。そのメインのひとつが、「GTレーシングコースター」だ。フェラーリワールドアブダビは今回、その写真を公開。『F430スパイダー』を模した4名乗りのジェットコースターである。このジェットコースターは、2台が互いに並んで走るコースレイアウト。スタート地点からゴールラインまで、フェラーリ並みの加速性能が楽しめる仕掛けだという。イエローのコースターは、実車のF430スパイダーが忠実に再現されている。これとは別に、200km/hで走る世界最速のジェットコースター、F1マシンと同じ4.9ものGが体験できるGフォースエクスペリエンス、フェラーリF1と同じレーシングシミュレーターなど、フェラーリらしい趣向が凝らされたアトラクションがそろう。本場のイタリアンレストランやショッピング施設なども併設される。フェラーリワールドアブダビは、2010年後半にオープン。フェラーリはアブダビ政府と共同で、ヤス島にホテルなどの関連施設を建設しており、間もなく一大フェラーリワールドが完成を迎える。

戦国武将に学ぶ「人間力」 7月、大和ハウスでフォーラム(産経新聞)

 大和ハウス工業は7月10日午後2〜5時、東京都千代田区飯田橋3の13の1の同社東京支社で、石橋信夫記念館文化フォーラム「前途混迷の現代を生き抜くため 戦国武将の知恵から 今なにを学ぶか」を開く。アナウンサーの松平定知さんや歴史学者の小和田哲男さん、漫画家の黒鉄ヒロシさんらを招き、戦国武将の「人間力」やリーダーシップをめぐり、現代に通じる教訓について議論する。

 また、7月24日午後2〜5時には大阪市北区梅田3の3の5の同社本社でも、作家の童門冬二(どうもん・ふゆじ)さんや歴史家の加来(かく)耕三さんを招き、同テーマのフォーラムを開催する。

 参加無料。はがきに郵便番号、住所、氏名、年齢、性別、職業、電話番号、希望の会場を明記し、〒107−0051 東京都港区元赤坂1の4の2 知性ビル 石橋信夫記念館文化フォーラム事務局まで。5月24日必着。応募多数の場合は抽選。ホームページ(http://www.daiwahouse.co.jp)でも受け付ける。問い合わせはTEL03・3403・6451。

米政府、「普天間継続使用」を日本に伝達へ(産経新聞)
神奈川県箱根町 満開のサクラが雪化粧 積雪10センチ(毎日新聞)
首相退陣なら衆参同日選も=仙谷氏(時事通信)
26日に大関魁皇への顕彰式(産経新聞)
「一国の首相に失礼だ」藤崎駐米大使が米紙のコラムに不快感(産経新聞)

おねマス・永作あいり 蒼井そらの行動にモノ申す

写真拡大  バラエティ番組『おねだり!!マスカット』(テレビ東京系)のメンバーでグラビアアイドルの永作あいり(21)が3月13日にDVD『あふるる』(トリコ)の発売記念イベントを東京・秋葉原の石丸電気ソフト本店で開催した。  チラリズムを追究したという作品は「ブラウスの前ボタンを外して、風に煽られたり、カメラマンがSだったので、何回も何回も台詞を言わされたりしました」とセクシーシーン満載。 もうすぐ、放送終了となる『おねだり!!マスカット』の楽屋裏エピソードを聴くと「楽屋には常に監視カメラが仕掛けられてます。初音みのりちゃんは誰とも喋らずに常に小顔ローラーをやっていて、その効果が出てる。リーダーのそらちゃんはいつもグロスがない、グロスがないって言っていて、借りるとそのまま、借りパク(借りたものをもらってしまうこと)しようとする。先日、いらないグロスをあげたら、昨日、無くしたと言っていた。リーダーなんだから、リップグロスくらい自分で買って下さい」と色々ぶっちゃけてくれた。■関連リンク・永作あいり公式ブログ■関連記事・『おねがいマスカット』リニューアル継続も悲喜交々・恵比寿マスカッツがオリコン8位獲得の快挙達成・小5の男子が800万円盗む 盗んだお金は同級生に配る

川端文科相「小学校の管理体制に不備」 鹿児島の小3男児転落事故 (産経新聞)

 鹿児島県霧島市の市立陵南小学校で、小学3年生の男児(8)が授業中に校舎屋上の天窓から転落した事故について、川端達夫文部科学相は9日の閣議後会見で「授業中に起きた事故で、ソフト面でもハード面でも管理体制に不備があった」と学校側の対応を問題視した。

 小学校の天窓から児童が転落する事故をめぐっては平成20年にも、東京都杉並区の小学校で、6年生男児(12)が死亡している。文科省は昨年、全国の小学校に対し、天窓の周辺にさくを設けるなどの事故防止策を講じるよう指導してきた。

 それにもかかわらず、再び同様の事故が起きたことについて川端文科相は「現場の先生は、ある程度時間がたつと児童の安全確保に対する意識が風化し、若干ルーズになる部分がある」と指摘。そのうえで「全国的に点検と安全確保を周知徹底することが必要だと思っている」と述べ、全国の小学校の事故防止対策について調査する意向を明らかにした。

【関連記事】
校長ら2人略式起訴 東京・杉並区立小の天窓転落死
ゲームカードを取ろうと…新潟の小5、川に転落し死亡
小6が校舎3階から転落?重傷 岐阜、全校集会の直前
「とっさに体動いた」女性救出のお手柄男性に感謝状
校舎3階から小4男児転落…偶然通行中の女性がキャッチ!

開封職員のライターから引火か=日本医師会あて鉢植えのぼや−警視庁(時事通信)
橋下知事「パー券、今後は断る」 誘致パラマウント窓口の購入(産経新聞)
外国人看護師研修 15%が「指示伝達に支障あり」(産経新聞)
ラフでスイング、着火!ゴルフ場900平方m焼く(読売新聞)
鹿島施工のビルなど7棟、耐火性不足の外壁(読売新聞)

事務所荒らし670件自供、容疑の男を逮捕(読売新聞)

 福岡県警久留米署は31日、同県久留米市津福本町、無職山下伸祐被告(39)を窃盗などの疑いで逮捕したと発表した。

 山下被告は約670件の余罪を自供。同署はこのうち、265件(被害総額3326万円)を確認し、12件(同996万円)分について送検した。

 発表によると、逮捕容疑は、昨年9月20日午前4時15分頃、同市中央町の事務所で約25万円と通帳などを盗んだ疑い。

 同10月に逮捕されるまで約8年間、同市を中心に事務所や店舗のガラスを割って侵入し、現金やカード、通帳などを盗み、現金自動預け払い機(ATM)から現金を引き出す犯行を繰り返していた。

ベランダに乳児遺体、兄が発見 母「別の男性との子」埋める(産経新聞)
谷垣総裁「抑止力維持と負担軽減の両立の唯一の解は現行案」(産経新聞)
ネイルサロンにも管理ガイドライン 厚労省(産経新聞)
歯医者でガス爆発!院長は直前まで診察(スポーツ報知)
<陸山会事件>大久保被告が衆院事務局に辞職届提出(毎日新聞)

ネット発の都市伝説!! 巨大な女妖怪「八尺様」が男を追尾する

 2009年頃から、不気味な都市伝説がネット上で流布されている。「八尺様」という巨大な女妖怪に関する話題が静かなブームとなっているのだ。2ちゃんねるや都市伝説系サイトでは、今までもいくつかの都市伝説や怪談が流布されている。例えば、南極に棲む人間に似た巨大な生物「ニンゲン」、見た者は発狂するという「くねくね」、憑き物の一種である「被猿(ヒサル)」など、ネットから始まり、リアルな社会にまで拡散していく現代妖怪は多い。 今回、取り上げた「八尺様」の情報を整理すると、2m以上の巨大な女が若い男に目をつけ、とり殺すという物語が多く、鬼女や山女の伝承上に位置する現代妖怪談のように思える。「八尺様」が身につけている服装は赤い服とも、黒いロングコートともいわれているが、中には着物であったという話もある。 また「八尺様」の伝承地に関しても諸説あり、山陰、東北、北陸という候補地が噂されている。さらに、この妖怪は地蔵や塚を使って結界を張り、封印されているともいわれているが、数年に一度ぐらいの頻度で、人間を襲うとされている。一説によると、ある地域で結界が崩壊し、集落の外に逃走したとも噂されているのだ。 筆者のもとに送られてきた情報によると、「八尺様」に魅入られた人は、なかなか逃げきれないらしく、部屋中にお札が貼られた場所に隔離されるとも、僧侶4、5人で守護しないと危険であるともいわれている。だが、執念深い八尺様は、狙った男を何処までも追跡してしまうらしい。 それにしても、この現代の妖怪伝承は、民俗学なエッセンスも加味され、よく出来たキャラ設定も魅力的だ。間違いなく、現代の人気妖怪へと変貌するであろう。現代人がネットというコミュニケーションツールを使って流布させるアーバンフォークロア(都市伝説)は日々劇的に進化し、新しいストーリーを紡ぎ出す。去勢された草食男子が話題となる昨今、肉食女子の代表のような妖怪「八尺様」が噂になるのも、時代の必然なのかもしれない。都市伝説とは、その時代を生きる大衆の無意識が具現化するものである。(山口敏太郎)参照 山口敏太郎公式ブログ「妖怪王」http://blog.goo.ne.jp/youkaiou【他にはこんな記事も!!】聖なる土地で撮影されたオーブ!! その正体とは古代世界にも現れていたUFO!? 世界各地に残る宇宙人壁画!魔のウィンダミア・トライアングル

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。